【こまち&りんの部屋】オカメインコとヨウムの日々

オカメインコの「こまち」とヨウムの「りん」

あなたは潤い派? 乾燥派?【オカメ&ヨウム】

こんにちは。こまちの父ちゃんです。

 

気付けばもう3月も目の前、少しずつ暖かい日も増え、我が家では人も鳥も春の訪れを待ち侘びています。

 

我が家の幼鳥シスターズ、オカメインコの「こまち」とヨウムの「りん」も、初めて迎えた日本の冬をなんとか無事乗り切れそうです。

 

ところでこの二種、元々の生息地が全く異なり、その気候にも大きな相違があります。

 

オカメインコはオーストラリア内陸部の乾燥地帯、一方のヨウムはアフリカの熱帯地域で比較的多湿な地域が多いようです。

 

一般的な日本の気候では、湿度の面だけで言えば冬はヨウムに厳しく、夏はオカメインコに厳しい環境となりますね。

 

多湿は苦手なオカメインコと、ある程度高い湿度が必要なヨウム、湿度に関しては真逆とも言えるお二人さん、普通の家庭内でこれらの異なる環境を同時に実現させるのは中々の至難の業です。

 

温度に関しては各々の保温ケース内で違った設定をして調整してますが、湿度は難しい!

f:id:Woodwin:20220228104433j:image
f:id:Woodwin:20220228104436j:image

乾燥を嫌うヨウムの「りん」のため、ケージを囲っている保温ケース内には濡れタオルを立てかけたり、加湿器をなるべく「りん」のケージ近く、「こまち」ケージからは少し離れた所に置いたりと、地味な対応をしています。

 

この冬は「こまち」への影響を最小限にしつつ、「りん」の乾燥対策をしているけど、夏になったら逆に、なるべく「りん」への影響がないよう考慮しつつ、「こまち」への除湿対策を考えなければ...

 

f:id:Woodwin:20220228233041j:imagef:id:Woodwin:20220228231922j:image

潤い派の「りん」さん、カラっと派の「こまち」さん、お互い少しでも快適に共存して過ごせるよう、知恵と工夫で乗り切っていこう!(コストかけられないだけだろっ!ってツッコミはナシね^^;)